ラクトフェリン効能

ラクトフェリンの効能はどう?

ラクトフェリンとは、たんぱく質の一種で、哺乳類の母乳に多く含まれている成分です。
母乳以外にも、涙や唾液、血液など、外分泌液中のほとんどに含まれています。

 

ラクトフェリンは、鉄と結合する力がとても強く、鉄と結合すると赤くなるたんぱく質です。
ラクトフェリンは、感染防御因子の役割があり、体外からの細菌やウイルスなどの攻撃を防ぐ働きがあります。
ラクトフェリンは、ヨーグルトや育児用調製粉乳に混入されていて、それからも分かる通り、安全な成分です。

 

現在は、ラクトフェリンの研究も盛んに行われており、多くのメーカーからラクトフェリンのサプリメントも市販されています。
また、ラクトフェリンには、抗菌作用や整腸作用などもあり、便秘改善効果やダイエット効果もあるとされており、ラクトフェリンは、その効能からとても注目を浴びています。
さらには、ラクトフェリンは、歯科関連疾患も改善するといわれています。
口臭予防や歯肉の炎症予防など、歯科の分野でも注目されているのです。

 

ラクトフェリンは、歯科関連疾患の治療法として提供される可能性も秘めており、様々な分野で活躍していくでしょう。
これからも、らくとふぇりんの効能に期待大ですね。
便秘や肥満、メタボの解消など、毎日の健康に欠かせません。
手軽に日常生活に取り入れていきましょう!

 

日常の健康維持に、ダイエットに、欠かせませんね!

 

代表的な商品、ライオンのラクトフェリン ナイスリムエッセンスのCMを見ると効能が良くわかります。

ただ、薬事法の関係があるので、ややわかりずらいですけどねww

ラクトフェリンのヨーグルトの効能は?

ラクトフェリンは乳製品に多く含まれていることから、ヨーグルトにも多く含まれています。
また、ラクトフェリンを特に多めに含んだヨーグルトが発売されるなど、ヨーグルトの成分でラクトフェリンは大きな役割を果たしていると言えるでしょう。
具体的にラクトフェリンのヨーグルトの効果としては、抗菌作用が大きく知られています。
ラクトフェリンには、鉄分と強く結びつく作用があり、その結びつきの作用が細菌の繁殖に必要な鉄分を吸収してしまいます。
鉄分を吸収された細菌は、増えることができないことから、風邪をひきにくくなったり、体調が良くなったりという効果があるのです。

 

鉄分を体から奪われるのは心配だという人もいると思いますが、ラクトフェリンが奪うのは、細菌などからだけとされているので、大丈夫と言えるでしょう。
また、ビフィズス菌などの腸内細菌、善玉菌からも、ラクトフェリンは鉄分を奪ってしまいますが、善玉菌は増えるのに鉄分をそれほど必要としないので、悪い細菌が減った分だけ、増えることができ、体が健康になると言えます。
細菌を増やさない作用があることから、歯周病菌を退治してくれたり、水虫の改善効果やピロリ菌の減少作用もあるとされています。
さらに、ラクトフェリンは骨密度を上げる効果があるので、骨粗しょう症を防いでくれたりもします。
その他、整理痛を防ぐ効果があったり、鬱病や口臭予防にもラクトフェリンのヨーグルトは効果があると言われています。

 

ラクトフェリンの効果、効能については、ラクトフェリン|私のおすすめサプリメントはコレ!というページに詳細に紹介されていて、そこから選べば間違いありません。
参考にしてみてくださいね。