ラクトフェリン貧血改善効能

ラクトフェリンには女性に多い貧血改善の効能効果がある

貧血は女性の10人に一人の割合の身時かな病気です。

 

貧血は血液中の赤血球が基準値より低い状態のことで、全身に酸素を運ぶ働きの赤血球が不足することで体内の細胞が酸欠状態になり貧血になるのです。
貧血で最も多い鉄欠乏性貧血は酸素を運ぶ赤血球を構成するヘモグロビンの減少が影響しています。

 

ヘモグロビンは鉄が原料なので鉄分が不足すると体内が酸素不足になり頭痛や立ちくらみの症状がでます。

 

鉄分は体内に備蓄していますからすぐには貧血にはなりませんが、鉄分が底をつくと貧血になってしまうのです。
ですから鉄分の多い食事をしたり鉄分を補給することが大切なんです。そこでラクトフェリンを摂ることが貧血症状の改善の効果や効能があるのです。

 

ラクトフェリンは鉄分と結合する性質があり鉄と結合して赤くなったので「赤いたんぱく質」と呼ばれ、様々な健康効果・効能が報告されています。

 

ラクトフェリンを摂ることで腸内で体内の鉄の吸収を高めます。
さらに鉄分の多い食事を摂った場合にはより多くの鉄分を体内で有効活用することができ、必要な鉄分を吸収して貧血を改善させるというわけです。